建築現場を自分の目でチェックできる

注文住宅の建築工程とは

注文住宅のメリットの一つとして建築現場を自分の目で確認できるということがあります。現場をしっかりと確認するためには、工程を理解しておくことが重要ですので、まずここでは典型的な工程について見ておくことにしましょう。注文住宅の建築に先立って、建物の間取りや住宅設備を確定させていく設計工程があり、それが終わって初めて建築がスタートすることになります。建築工程は、最初に基礎を施工し、その後に建物を建てるという流れが通常です。まず壁面を作った上で、上棟を行って屋根を整え、最後に壁面にサイディングなどを取り付けて完了となります。この各工程を理解して、それぞれにきちんと施工されていることを確認することができるのが注文住宅の利点なのです。

各工程の確認の仕方とは

注文住宅の建築工程が理解できたところで、次に各工程ごとにどういった点をチェックすべきかがポイントとなります。もっとも、チェック項目を知ったとしても、それが十分に満たされているかを確認するためには専門的な建築の知識が必要であり、一般人が十分なチェックを行うことは必ずしも現実的ではありません。そこで、そのような場合に頼りになるのがホームインスペクターです。彼らに依頼することで、オーナーに代わって専門知識を駆使して確実に各工程が問題なく進められていることを確認することが可能となります。当然ながら、ある程度の委託料は必要となりますが、その分の安心を得ることができますので、注文住宅のメリットを最大限活かすためにも、検討する価値は高いといえます。

一戸建てには、賃貸住宅や分譲住宅、注文住宅など様々なタイプがあり、それぞれ月々の住居費が異なります。